◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2019年12月31日

おしらせ

このほど蟲文庫のwebサイトを新たに作り直し、引っ越しました。

https://mushi-bunko.com/


こちらのブログはこのまましばらく残しますが、今後更新はしませんので、リンクやお気に入り登録をしてくださっている方は上記のURLに張り替えをお願いします。(2019年12月4日)


posted by 蟲文庫 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

近況

最新の日記「近況」をこちらに書きました。

https://mushi-bunko.com/2019/12/03/diary

サイトと日記はこちらに引っ越しましたので、どうぞよろしくお願いします。

posted by 蟲文庫 at 19:58 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

蟲文庫の新サイト

骨折で一日中寝ていた頃から、友人の力を借りて地道に再構築を進めていた蟲文庫の新しいサイトがだいぶ出来てきました。とりあえず「外観」が整ったところで、中身はこれからですが、営業日/休業日のお知らせはこちらのカレンダーでご確認いただけます。また、いまご覧くださっているこの「蟲日記」については、近々そちらに引っ越しますので、リンクを張ってくださっている方は下記のURLに変更をお願いします。

蟲文庫の新サイト : https://mushi-bunko.com


それから、諸事情により長年使用してきたniftyのアドレスを11月末を目処に廃止いたします。しばらくの間は、新サイトの「お問合せフォーム」もしくは、musi.bryoph■gmail.com(■を@に)までご連絡をお願いいたします。


:::::


image191025000.jpeg

いま書店に並んでいる『本の雑誌』11月号の特集「マイナーポエットを狙え!」に、「骨折りのとも」という文章を書きました。骨折中に読んだ木山捷平と天野忠のことです。どうぞよろしくお願いします。


::::

image1910250001.jpeg

発売されたばかりの『BRUTUS』(11/1) 特集「本屋好き。」の綴じ込み「あの店の本棚50」でご紹介いただきました。この店らしい棚、ということで、自然科学コーナーの写真が掲載されています。ほんとうにありがたいことです。

image1910250002.jpeg

image19250003.jpeg

::::

「週刊読書人」に星野保 著『菌は語る』(春秋社)の書評を書きました。1200文字の書評にはとても書ききれない盛り沢山の本なので、ぜひ手に取ってみてください。

https://dokushojin.com/article.html?i=6080

image1910250005.jpeg


:::::

現在時間短縮の営業で、わりあい早くに帰るので、おかげできれいな夕日がみられます。

image19102701.jpeg



posted by 蟲文庫 at 13:12 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

海へ

おかげさまで骨折した足のほうは、地味ながらも順調に回復しており、最近では、なんとか自力で通勤が出来るようにもなりました。落ちていた体力もだいぶもどってきたので、今週からは週5日程度(週休2日)営業しています。ただし、営業時間については、まだもうしばらく11時すぎ〜18時頃までの短縮のままとなります。ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いします。


先日は、下津井の友達が声をかけてくれて、骨折以来はじめてのお出掛けをしてきました。海へ。


IMG_5985.JPG
白い彼岸花と瀬戸内海。


IMG_5991.JPG
靄で霞んでいるのを見ることが多い瀬戸内海ですが、この日はきれいな青空。


当時は瀬戸大橋はありませんでしたが、子供の頃、父親の友人の船でよく釣りに連れていってもらっていたので、懐かしい景色です。大きなカレイを釣ったり、タコをとったりして、タコはその場でさばいてもらって食べていました。末期の癌の急な発覚で亡くなる間際、ほとんど誰にも会いたがらなかった父が、それでも「いちおう知らせてほしい」と言って、そして会いに来てくれた方でした。と、つい感傷的にもなりました。



posted by 蟲文庫 at 16:30 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

営業再開しました

右足の骨折のため長期休業しまして、ご心配をおかけいたしました。
おかげさまで経過も順調なため、7月中旬より不定期ながら営業再開いたしております。通りすがりに開いていたら、どうぞよろしくお願いします。

《営業日のお知らせ》

現在は、土日を中心に週5日程度、11時すぎ〜18時前後までの短縮営業をいたしております。



思いがけない長期休業となったので、久々に「蟲バッグ」を作りました。出来上がったものから、少しずつ店に並べています。

1001072.jpg 1001071.jpg

6309rg1.jpg
posted by 蟲文庫 at 11:56 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

骨折のため休業中です

先日、不注意で転倒し、右膝を骨折してしまいました。3日間ほどの入院と手術をおえ、いまは自宅療養中です。幸い、右膝の他はどこも問題はなく、いまは座ったままできる仕事をぼちぼちやっているところです。店のほうは、しばらく休業せざるをえなく、たいへん心苦しいのですが、この年齢(四十後半)で足のことなので、まずはしっかり治したいと思います。また営業再開の目処がたちましたらこちらでお知らせいたします。
この間にご来店くださった方、また、これからご来店を予定してくださっていた方には、こころよりお詫び申し上げます。

なお、通信販売については対応可能なものもありますので、よろしければメールでお問い合わせください。


病院の温室。

D520FeeV4AEEKHW.jpg
現在の様子。


D520IUwUIAI4Rq3.jpg
設立当時(大正12年頃)の様子(院内の展示写真より)。

弟は生後間もなくからかなり長くこの病院に入院していたので、子供の頃(1974年頃)は、父親に連れられて、温室の噴水のあたりで飼われていた亀をよく眺めていました。たぶんクサガメだったと思います。


:::::::

(おしらせ)

鈴木卓爾監督の最新作『嵐電』が5月24日(金)より、テアトル新宿、京都シネマを皮切りに公開されることになりました。


 a19051301.jpg



公式サイト:http://www.randen-movie.com
予告編もこちらでご覧になれます。

現時点ですでに全国20館以上の映画館での上映が決定しています。岡山シネマクレールは夏頃かな?
わたしはしばらく行けませんけれど、日本のどこかでご都合のつく方はぜひ!
posted by 蟲文庫 at 13:58 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

GWの営業について

ソメイヨシノが咲いているくらいまでは、まだ寒くて、春っぽいのは気分だけのような状態ですが、こうして散ってしまうと、途端に目が痛いほどの新緑と、咲きはじめている藤の花や牡丹、芍薬、モッコウバラなどの蕾が目に入り、嬉しいというよりは少しぎょっとします。もうすぐGWです。

店主骨折のため、しばらくの間休業いたします。急なことで申し訳ありません。


P4090483.JPG

暖簾を春夏用にかえました。
「春夏用」と「秋冬用」を使い分けると、暖簾そのものも長持ちするようになってよかったです。


P4090480.JPG

暖かくなり、近所の猫もよくやってくるようになりました。
posted by 蟲文庫 at 13:36 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

『ゾンからのメッセージ』の上映とyumbo trio,人形劇団ポンコレラ,ゑでぃまぁこん のライブのお知らせ

3月下旬に、姫路と倉敷で、鈴木卓爾監督『ゾンからのメッセージ』の上映とトーク、『ゾンからのメッセージ』のサントラを作られたyumboの澁谷浩次さんをはじめとしたyumbo trio、人形劇団ポンコレラ、そしてこのたびのイベントの企画をされた姫路のゑでぃまぁこんのライブがあります。

1902232.jpg

1902231.jpg

ものすごい盛沢山で、ご覧になる方も大変かもしれませんが、こんな機会はなかなかないので、ご都合のつく方はぜひとも! ライブと上映、どちらかだけも可能です。

下記は倉敷での詳細です。狭い店なので、必ずご予約ください。

3/24日(日)倉敷蟲文庫

14:00〜:ライブ(前売2500/当日3000円)
・yumbo trio (澁谷浩次、工藤夏海、高柳あゆ子)
・人形劇団ポンコレラ
・ゑでぃまぁこん

(休憩・上映準備)

18:30〜:映画『ゾンからのメッセージ』上映&トーク(前売/当日1500)
・鈴木卓爾 (監督) × 澁谷浩次 (音楽)


1902021.jpg
posted by 蟲文庫 at 15:59 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

二十五周年

年が明け、お正月気分はあっという間に消えうせるとはいえ、その前後のあれやこれやに対処しているうちに、もう1月も終わります。この年末年始も例年通り休まず営業することができ、一年ぶりや数年ぶりのお顔を拝見することができました。ありがとうございました。いまは一年でもいちばん寒く静かな時期を、買取った古本の補修などをしながらすごしております。

おかげさまで蟲文庫は、この2月7日で二十五周年を迎えます。これからも、一冊でもよりよい本を、一日でもより長く並べていられるよう、つとめてまいりたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。


記念にこんな葉書をつくりました。

P1220944.JPG
posted by 蟲文庫 at 11:39 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

加藤休ミ「一点クレヨン画展」

久しぶりの店内での展示のおしらせです。

10月27日(土)から、クレヨン画家の加藤休ミさんの「一点クレヨン画展」がはじまります。
休ミさんの絵は大きく、蟲文庫の展示スペースは小さいので、週替わり合計三点の展示になります。


1810211.jpg
『クレヨンで描いた おいしい魚図鑑』加藤休ミ(晶文社)


第一展「バラのシーチキン」10/27(土)〜11/4(日)
(※11/5(月)〜9(金)休業)
第二展「鯛の刺身」11/10(土)〜11/16(金)
第三展「お楽しみの一枚」(倉敷にて描き下し)11/17(土)〜11/25(日)



同時開催:阿知2丁目の「常衛門食堂」では期間中(10/27(土)〜11/25(日))「まぐろ納豆」が展示されます。

1810215.JPG

1810216.JPG


思わず写真と見間違えたり、確かに絵には見えるのだけど匂いや味まで感じられるような加藤休ミさんの絵。近くでみるとほんとにクレヨンだけで描かれているのがよくわかります(画材はサクラクレヨンのみ)。思わず笑ってしまったあと、でもちょっと恐ろしくもなるような、愛らしくも生々しい、すばらしい作品です。この機会にぜひ間近でご覧ください。


1810214.JPG

『クレヨンで描いた おいしい魚図鑑』のサイン本やポストカードの販売もいたします。


休ミさんは今年の5月くらいから期間限定での倉敷住まいなので、期間中、都合のつく日は在廊(というか、わたしと一緒に店番)されます。ぜひ、ご本人にも会いにいらしてください。

IMG_3550.JPG

IMG_3551.JPG

※上の2枚はクリックすると大きく表示されます。

posted by 蟲文庫 at 13:01 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。