◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko-diary.seesaa.net

2013年08月18日

足探りの海水浴

先日「そうだ、たまには海に浸かってみるのもいいかもしれない」と思い立ち、ひさしぶりに海水浴へ。レジャーというよりは、湯治のような目的での「海水浴」。

ちょうど友達が「盆前には子供らを海に連れていかんといけん思うとったんよ」(連れて行かないといけないと思っていた)ということで、それに便乗することに。昔から、お盆をすぎて海にや川に入ると足をひっぱられる、といいます。


1308181.JPG


1308182.JPG
山の中を歩いているようですが、海に向かっています。

1308183.JPG
ほら。

1308184.JPG
ほらほら。


ほとんど泳げないので、浮輪につかまって浮かんでいるだけでしたが、まあ「海水浴」ですからそれで十分。
海に入ると潮でべたべたするし、あとでものすごく疲れるのですが、でもやっぱり気分の問題以上に心身ともにすっきりするうえ、湿疹やあせもなど、軽度の炎症にはてきめんの効果があると思います。

連れていってくれた友達は、「そりゃあな、海がいろいろ悪いもんを吸うてくれるんよ」と言っていました。そうかもね。

1308185.jpg

来年の夏も行けたらいいなあ。

足さぐりで「海藻あてっこ」するも楽しかったです。足が届くぎりぎりくらいの藻場で、足にさわる感触をもとに、なんという海藻か見当をつけてから、足指で掴んで引き上げて確かめます。やっていたのはわたしだけですが。

1308186.JPG
収穫:海松(みる)

これがいちばんわかりやすい。


:::::::::::

(おしらせ)

『胞子文学名作選』田中美穂 編(港の人)という本が、この9月末に出ることになりました。

飯沢耕太郎さんによる『きのこ文学名作選』の姉妹編にあたるもので、苔、シダ、キノコ、カビ、海藻など「胞子でふえる生き物」が登場する文学作品を集めたアンソロジー。
詳細:http://www.minatonohito.jp/products/141_01.html


1308187.JPG
『きのこ文学名作選』飯沢耕太郎 編(港の人)

思わず目を見張るような大胆なブックデザインでも話題となったこの本同様、デザインは吉岡秀典さん。胞子のほうも、もう、とにかくたいへんなことになっていますので、どうぞお楽しみに。

また9月22日、23日に開催される「かまくらブックフェスタ 2013」では、この本のお披露目をかねて、飯沢耕太郎さんとのトークをさせていただきます。

詳細:http://www.minatonohito.jp/kamakurabf/

ひとまず、告知解禁になったので取り急ぎのお知らせでした。
またあらためてお知らせいたします。

:::::::::::
(新入荷)

1308188.jpg
藤井豊写真集『僕、馬』(りいぶる・とふん)3800円

里庄在住のカメラマン、藤井豊が「2011年3月11日、東日本大震災発生一ヶ月後の4月11日より約1ヶ月余り、青森、岩手、宮城、福島を歩いて撮った写真集」です。
装幀は扉野良人、挟み込みの栞には藤井くんと親交の深い荻原魚雷、河田拓也の両氏が寄稿しています。


東日本大震災の起こる数日前、藤井くんは自宅から蟲文庫までの20キロメートル余りの道のりを「なんか気が向いて」と歩いて来たことがありました。鉄道で20分、車で30〜40分くらいの距離です。「なんか、あれがきっかけになったなあ」と言っていました。

手に取りやすいところに並べていますので、ぜひご覧ください。

:::::::::::

1308189.JPG
「LIve in Saritote」杉本拓と佳村萠(Ftarri CD 1500円)

全22曲のうち、4〜6曲目は蟲文庫での録音(2010年5月9日)です。 きゃー!
posted by 蟲文庫 at 11:58 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

古本屋外活動週間でした

しばらく休みがちでしたが、おかげさまでいくつかの任務を無事終えることが出来ました。仕上げが日本蘚苔類学会の観察会(炎天下の野外)でしたが、倒れずすんでほんとによかったです。蘚苔類学会(コケ学会)は、日本全国から、その道の人々が100人くらい集まるのですが、みなさん「岡山っていつもこんなに暑いんですか?」とかなり驚かれた様子でした。岡山の夏は暑いです。そして、冬も意外に寒いです。


裏山観察中にみつけた虫こぶ。

1308091.JPG

1308092.JPG

最初は何だかわからなかったのですが、観察会に参加されていた、ある博物館の学芸員Mさん(美女)から虫こぶだと教えられました。

「ほら、どれも葉脈のところについているでしょう?」

「わ、ほんとだ」


1308093.jpeg
『虫こぶハンドブック』薄葉 重(文一総合出版)によれば

クヌギハマルタマフシのようです。
posted by 蟲文庫 at 13:07 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする