◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko-diary.seesaa.net

2014年10月31日

「木山捷平とその周辺の作家たち」

岡山市にある吉備路文学館にて「木山捷平とその周辺の作家たち」がはじまっています。

1410311.JPG

木山捷平の生誕110年を記念したもので、「その周辺の作家」とは、ポスターの顔写真左から、坪田譲治、井伏鱒二、太宰治、藤原審爾、吉行淳之介。

10/12(日)〜来年1/18(日)まで。
詳細:http://www.kibiji.or.jp/…/21-s…/233-2014-09-30-00-55-30.html

これから年明けまで、店の表に木山捷平のポスターを貼っていられるなんてうれしいです。


::::::::
(おしらせ)

洋泉社のムック『本屋はおもしろい!!』でご紹介いただきました。

1410312.JPG

「全国ディープインパクト古書店30」という記事の中で、書いてくださったのは、ブログ「古本屋ツアー・イン・ジャパン」の“古本ツーリスト” 小山力也さん。「頑な」、ほんとにそうだなあと思います。ありがとうございます。ただ、「お客さんがひきもきらず」というようにご紹介いただいていますが、そんな日は1年に数回のことで、普段はわりとひっそりとしているんですけどね。壇蜜さんの表紙が目印。


木山捷平と壇蜜。タイトルにしたいくらいの、すごい並びのブログとなりました。
posted by 蟲文庫 at 12:04 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

田んぼマニア

そうだ、足が冷たいというのはこんな感じだったなあ、と思い出し、ごそごそ冬支度にとりかかったところです。

神社の秋祭りもおわり、このあたりの遅い稲刈りもいよいよ終盤を迎える時期ですが、昨日、自転車であちこちの田んぼを見に行ってみたところ、まだけっこう残っていました。

14102210.JPG

14102211.JPG

14102212.JPG

田植えから稲刈りまで、田んぼというのは、ほんとうにきれいなものだなあと思います。


そんなこんなで、自称「田んぼマニア」の田んぼ好きですが、農家ではないので暢気に眺めるのが専門。先日、ひょんなことで行ってきた高野山への道中では、もう、それはそれは美しい、ちょっとあの世じみた美しさの棚田を見ることもできました。

1410226.JPG

1410227.JPG

1410229.JPG

1410228.JPG

眼福。


:::::::
(おしらせ)

『天文ガイド』から出ているムック『星空さんぽ』3号にエッセイを書かせていただきました。

14102213.JPG
『星空さんぽ』no.3(誠文堂新光社)1000円+税


14102215.JPG 14102214.JPG

本田彗星の本田實さんのことや、ドブソニアン望遠鏡のある「物干し台の天文台」のことなどを書いています。いまはなき「天文台もなか」のこともちらっと。

そういえば、年明けから春先にかけては、上から2番目の田んぼ写真に写っている山の端あたりにカノープスが見えることがあるのです。
posted by 蟲文庫 at 15:41 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お知らせ号 141022

新入荷の新刊やCD、カレンダーのご紹介です。

●サボテン書房より。

Bzue6vdCMAEjbiR.jpg-large.jpeg
『親のための新しい音楽の教科書』若尾裕(サボテン書房)1200円+税


●boidより

BxYR7hZCEAIjk2M.jpg-large.jpeg
(左)『フィリップ・ガレル読本』(1500円+税)
(中)『イエジー・スコリモフスキ読本』遠山純生 編著(1500円+税)
(右)『ファスビンダー、ファスビンダーを語る』第1巻 ローベルト・フィッシャー著(2200円+税)


●Sweet Dreams Pressより。

1410223.jpeg
ジャド・フェア、テニスコーツ&ノーマン・ブレイク「ハウ・メニー・グラスゴー」( 2200円+税)


●7e.p.より。

1410224.JPG
(左)澁谷浩次『シブヤくん』(1800円+税)
(右)ゑでゐ鼓雨磨『木陰のひわ』(1800円+税)


14102205.jpg
工藤冬里『徘徊老人 その他』(1800円+税)※入荷しました!


●松田水緒さん&セプテンバーカウボーイ 吉岡秀典さんより。

ByRHiz9CEAAUuG0.jpg-large.jpeg
下北沢マンガ『しもまん』(オートリバース)1000円+税。

下北沢で青春を過ごした人に読ませたら、たいへん面白がっていました。なじみがなくてもたのしいのでぜひ。


ByRJDqbCUAA5by4.jpg-large.jpeg

そして、『胞子文学名作選』発売一周年記念として、セプテンバーカウボーイ 吉岡秀典さんより、ふたたび青焼きカバーが届きました。『胞子文学名作選』をお買い上げの方に差し上げています。(※なくなり次第終了いたいます。)


●毎年恒例「山口マオカレンダー2015」が届きました。

Bz-CoXoCIAAoF0T.jpg-large.jpeg
壁掛 (1200円+税)、卓上 (580円+税)の2種類。実用面でも人気です。
posted by 蟲文庫 at 12:48 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする