◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko-diary.seesaa.net

2015年02月14日

サランラップの子

おかげさまで、今月7日で蟲文庫は開店21周年を迎え、22年目となりました。自分で言うのもなんですが、ずいぶん古本屋らしくなりました。そしてその姿は、開業の頃に理想としていた「古本全般を扱う、なんでもないけどちょっとだけ硬めの品揃え」の町の古本屋にようやく近づいて来たような気がします。いろんな年代の、いろんなタイプの人が、それぞれに棚の前で本のページをめくっているのを見ると、「ああ、ほんとうによかったな」と思います。先行きの、決して明るくない仕事ではありますが、来年の今ごろもこのようなご挨拶ができるよう、また一年がんばって行きたいと思います。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


1502141.JPG
帳場まわりが、このような惨状を呈することもふえました。
(奥にいるのは近所猫のTさん)


ところで、少し前にまた髪を短くしました。ショートといえばショートなんだけど、さてこの髪形をどう説明したものかと思っていたら、昨日久しぶりに会った友達から「あ、みほちゃん!サランラップの子!」と言われ、ああ、まさにそれですよ、と膝を打ちました。

1502142.JPG
これです。

よろしくお願いします。
posted by 蟲文庫 at 13:41 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

こないだのすばる

昨日はひさしぶりに何の用事もない定休日で、目が覚めたら午後もだいぶ遅い時間になっていました。そういえば、ここしばらくの間、いくつかの締切にコケ講座や打ち合わせ、となんだかんだで睡眠時間が短くなっていたのです。あと、寒いというだけでも消耗しますしね。という、「昨日はよくねた」というそれだけの話です。すみません。

一昨日の夜、あのものすごく寒かった日。ふだんならさっさと布団に入るところなのですが、どうしても深夜まで起きている必要があったので、思い切って「物干し台の天文台」に望遠鏡を出し、オリオン周辺の有名どころを観察。

1502111.jpg
すばる(プレアデス星団)がわりときれいに撮れました。寒いだけのことはありました。



庭の臘梅。

1502112.JPG

数年前に苗を植えたものが、去年はじめてぽつぽつと花をつけ、今年はずいぶん賑やかに。いちばん好きな花です。

1502113.JPG
雨の日。


::::::::::
(おしらせ)

1502114.jpg

先月発売された『本の雑誌』2月号 特集:カラーブックスが好きだ! の中の〈あの人に聞く 私の偏愛カラーブックス〉に寄稿いたしました。わたしのは「『地図のみかた』で紙上旅行!」というタイトルです。
書店には既に次の号が並ぶ時期になってしまいましたが、もし機会がありましたら読んでみてください。
posted by 蟲文庫 at 12:28 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする