◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko-diary.seesaa.net

2008年12月03日

新逗子名物

ここのところ、よい買い入れが続いているので、毎日せっせと手入れして値段付け。年明けにはひさびさに、わめぞ外市に参加させていただくので、ちょうどよかったです。

今週末から、また数日お休みいたします。あれやこれやで関東方面。都内も何度か通過予定なので、ひょっこりどこかを覗かせていただくかもしれません。その節はどうぞよろしくお願いします。
トップのお知らせにも書いている通り、まさに「不定休」といったこの数ヶ月ですが、年明けの振り替え正月休み(11日、12日)以降は、たぶん4月中旬くらいまで、ほぼ無休の予定ですので、またどうぞよろしくお願いいたします。
まあでも、考えてみれば月に4日ほど休むというのは普通のことなんですよねぇ。なんて言ってみるだけで、この性分では、定休日などまず作れそうにありませんけれども。だいたい、他にすることもないしな。

それから、時々展覧会などをしている東側の壁面。最近ここにCDコーナーを作ったため、「もう展覧会はやらないのか」という問い合わせをいくつかいただいているのですが、あのCD棚は重厚な見た目の割にヒジョーに軽いもので、いつでも移動可能です(わたしひとりで3分くらいで動かせます)。ですので、ひきつづき展示などもやって行くつもりでおりますので、ご興味のおありの方はいつでも遠慮なくお問い合わせください。


ともだちが買ってきてくれた「亀焼き・海神亀」。新顔の逗子名物だそうです。


0812031.jpg
さすが「亀焼き」というだけのことはあって亀型です。かわいー。


0812032.jpg
この腹甲板、わかりますか?「亀」という文字になっていますよ!

よく見ると、この包装紙のイラスト通りなんですねー。
0812033.jpg
至れり尽くせりの亀、素晴らしい。
皮もあんこ(粒餡)もあっさりタイプで美味しかったです。

posted by 蟲文庫 at 16:45 | 亀コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする