◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2010年05月12日

山頂にお客さん

店番をする昼下がり、二階の部屋から、とたっ と高いところから猫が飛び降りる音が聞こえてくる。しかし、うちに猫はいない。

そおっとあがって行くと、
1005121.jpg
開け放してあった物干しのドアから、あわてて出て行くところでした。

1005122.jpg
あわててます。

たぶん、在庫の山頂あたりでお昼寝をしていたのでしょう。


ここ数日、この前の「「さりとて」のライブ、よかったー。また来てほしい」というような、うれしい感想を数人の方からいただきました。CDの「さりとて2」のほうは、いま品切れ状態ですが、まもなく追加が届くと思うので、ライブの時に買えなかったという方はぜひ。

佳村萠さんにお会いするのは二回目で、ゆっくりとお話をしたのは今回がはじめてでした。その美貌や物腰の優雅さには同性ながら思わずうっとりしてしまいましたが、そんなことを書いた直後に大変恐縮なんですが、萠さんは前日のグッゲンハイム邸でテニスコーツの植野さんから「田中さんと似てますね」と言われたのだそう。もちろん、容姿のことでないのは明白ですが、居合わせた杉本さんも概ね同意見だったそうで、なんというか、大雑把なタイプというか、たとえば「趣味が激渋」みたいなそんなことなんでしょうか。そういえば、打ち上げの席でドイツの話題になった時、「ベルリンの○○駅に行ってみたい」と何気なく口にしたら、萠さんから「それはもしかして△△で?」と、その地味な理由をピタリと言い当てられて、ちょっとびっくりしてしまいました。
ともあれ、少なくとも植野さんの中で、萠さんとわたしが同じカテゴリー、というのはとても光栄なことです。厚く御礼申し上げます。「似ている」と言われたのが女の人だというのも久しぶりなんです。

明日は、前回の杉本さんのソロライブの時以来で帰省している所沢のSくんが文庫本の棚を作りに来てくれる予定です。ギターよりはるかに簡単なので引き受けてくれました。たのしみです。
posted by 蟲文庫 at 14:59 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする