◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2010年05月13日

もたれたキノコの痕跡

プランターにわさび菜の種をまいたら、順調に芽が出て大きくなりつつあるのですが。さいきん、その土からやたらとキノコが生えてきます。

1005132a.jpg 1005132.jpg
傘がひらいた後はだんだんと黒くなって溶けるので、ヒトヨタケ科のイヌセンボンタケかな。
手許のポケット図鑑によれば「雑草型キノコの横綱」だそう。

1005133.jpg
プランターのふちにもたれかかったヒトビトの痕跡。

イヌセンボンタケの胞子紋は黒、ということなので、たぶん間違いないかと。


先日も書きましたが、そろそろ暑くなってくるので、ライブなどのイベントはしばらくお休みです(でも展覧会はありますよ。8月の武藤良子さんの個展もたのしみです。藤井豊さんの写真展も、たぶんあります)。これからしばらく水面下でじたばたする日々がつづきますが、いまいろいろ面白い話が出つつ、決まりつつありますので、また追々ご報告させていただきます。
posted by 蟲文庫 at 18:17 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする