◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2010年05月20日

どんなもんだい天文台

今朝、家を出ようしたら自転車の後輪がパンク。しかたがないので、カラカラと押して山田サイクルまで。お墓参りのために早起きしていたのが幸いでした。山田のおじさんから「あんた、家から押してきたんかな」とびっくりされる。ゆっくり歩いても小一時間のもんですが。「直しとくけん、そのへん散歩してこられぇ」ということで、仰せのとおりぶらぶらしているとにゃんこ先生らがちらほら。

といっても、これは今日の写真ではないですが。

1005203.jpg 1005201.jpg 1005202.jpg
どくだみ屋敷のみけ。


前回の日記に書いたせいで、おもいがけず「天文台もなか」ファンが多いのが判っておどろきました。みなさん、それぞれひっそりとあの駅で降りて買いに行っていたのですね。

帰りの電車を待つホームで、手にさげた紙袋から漂ってくる香ばしい皮のにおい。ああ、この天文台もなかへの思いを歌にできたら。と、あの日ふとツイッターでつぶやいたところ、たまたまそれをご覧になった、かえるさんこと細馬宏通さんが、さっそく「天文台もなかのうた」を作ってくださったのです。わー。

「天文台もなかのうた」http://12kai.com/kaerumoku/tenmondai2.mp3

わたしなら、惜しむあまりいきなり追悼ソングを作ってしまうところだったので、あの愛らしいもなかの愛らしいうたが出来て、ほんとうにうれしいです。思いもかけないしあわせ。

1005205.jpg
どんなもんだい天文台。


:::::::::::::::
 (おしらせ)

5月22日(土)〜24日(月)は臨時休業いたします。


posted by 蟲文庫 at 20:07 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。