◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2010年08月15日

おかんと猫雲

お盆休み中、ほんのりと賑わっている倉敷です。武藤良子さんの個展「曇天画」も好調。この機会に、とご帰省、ご旅行途中に足を伸ばしてくださる方も少なくありません。この暑い中をほんとうにありがとうございます。

昨日観に来て、うれしそうに曇天画Tシャツを買って帰った母に、夜「サイズ大丈夫だった?」と尋ねると、「うん、ちょうどよかった」「これ、猫?」という返事。最初、何を言っているのかよくわからなかったのですが…

この矢印部分が猫の耳に見えたらしいです。
1008151.JPG
まあ……言われてみれば、ね。

娘「……いや、曇り空だよ、ほら、ここの点々は雨」「だってタイトル「曇天画」」
母「あー、そうかあ。じゃあ、猫雲」

と、まるで作家の意図などおかまいなしです。まあでも、おかんというのはそういうものです。すみません、武藤さん。


このたびの武藤画伯在倉中の様子は『HB』の橋本さんがブログで紹介してくださっています。
http://d.hatena.ne.jp/hbd/20100810
わたしも倉敷デパート、よく行きますよ。

1008152.JPG
橋本さんとうちの亀。

1008153.JPG
画伯と亀とわたし。(撮影:橋本倫史)

武藤さんに亀の歩き方の説明をしているところです。


そしてこの翌日には、NEGIさん(from東京)、荻原魚雷さん(from東京)、藤井さん(from里庄)もまじえての宴会。ここが雑司ケ谷でも不思議はない不思議空間でした。

その荻原魚雷さんの『活字と自活』(本の雑誌社)、増刷が決まったそうです。それはおめでたい!

1008158.jpg
こないだの朝日新聞書評欄(2010年7月25日(日))。
記事も写真もよかったですね。
posted by 蟲文庫 at 13:25 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする