◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2010年09月24日

昨日のフォーマルハウト

昨夜は、涼しいを通り越して寒いくらいでしたね。いよいよ夜空が楽しみな季節になってきました。
それで記念(?)に、我が「物干し台の天文台」からは屋根が邪魔して見えない、みなみのうお座のフォーマルハウトを見ようと思い立ち、暗がりの中を裏山へ。春先にはここからカノープスが見えたくらいですから、位置としては問題ないはず。あと気になるのは満月に近い月明かりですが、さすが1等星のフォーマルハウト、よく見えました。

そして、満足して家に帰り、深夜、お風呂上がりに歯磨きをしながら外に出ると、向かいのコーポの脇にチラチラと光る1等星。この季節、この方角だとどう考えてもフォーマルハウト! 自宅のほうは、田んぼの多い地区なのですが、我が家周辺はわりと建て込んでいるので、南の低い星はもともと諦めていたのです。まさか、家の玄関にぼさっと立って見られるとは思いませんでした。

それにしても、家があと200〜300メートル南にあれば、すごく空が開けているので悔しいです。もし宝くじが当たったら(買ったことないけど)家を建て替えて屋上に天文台をつくりたい。


でも、昨日の見どころは、やっぱり月と木星でしたね。
1009241.JPG
自転車にまたがったまま適当に撮ったのでぶれぶれですが、いちおう両方写ってます。

÷

10月2日(土)の友部正人さんのライブも来週末に迫りました。

100804.jpg
「夜の本屋3」友部正人ライブ

●日時:2010年10月2日(土)
●時間:19:00open/19:30start
●料金:3500円(drink付き)要予約。
  ※チケットはすでにソールドアウトです。

いまちょっとずつ「会場(=店の売り場&帳場)」と「楽屋(二階の在庫室)」の準備をしているところです。この作業、慣れない頃はかなり大変だったのですが、だんだんとコツがわかってきて、最近ではずいぶんとラクになりました。いそいそ楽しみにやっています。

そういえば、うちでライブをするようになった一番最初の、慣れない、手際の悪い、最も過酷だったと思われる中で(しかも真夏に)ライブをしてくださったのも友部正人さんでした。そしてこの店そのものも、17年前、始めたばかりの、ほとんど売る本もなかった頃からご存知なのです。そんないきさつは、今まで何度か文章にしてきたので、ここでは省略しますが、だからいつも友部さんとユミさんに会う時は、恥ずかしく照れ臭く、ちょっと緊張してしまいます。

÷

1009242.jpg
あらいあき『チュウチュウカナッコ』(青林工藝舎)

増刷決定しました!やったー。

中野・タコシェ、倉敷・蟲文庫では、引き続きサイン&特典付きを販売中です。サインはイラスト入り、というか割合から言うとイラストにサインがついてる感じです。こちらは見てのおたのしみ。


posted by 蟲文庫 at 13:19 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。