◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2011年02月26日

猫の仕事と人の仕事

昨日、東京は春一番が吹いたそうですね。このまま暖かくなるということはないのでしょうけれど、でも季節は確実に変わってきています。家屋を閉めきるのが苦手で、真冬でも少しはどこかの窓を開けていたいという西の人間としては、ようやくちゃんと呼吸が出来るようになった気分。花粉症でないのがありがたいかぎりです。

この前も書いたように、帳場の掃出しを開けていると沈丁花の香りが漂ってくるのはいいのですが、それにともないノラ猫さんたちも頻繁に侵入してくるようになりました。わたしはこの掃出しに背を向けて店番をしているため、気がついたら足許に、ということもしばしば。開け放っているのはこちらですから、文句を言えた義理ではないのですが、でもあまり自由に出入りされるといろいろと困った問題も起こるのです。猫らにとって、本の山は爪とぎ器でしかないですからね。

最近よくやってくる姉弟。
1102254.JPG 1102253.JPG
おなじみのシロさん、そしてキジトラくんです。

そこで、ひとまず簾を立て掛けてみました。
1102251.JPG

いちおう「中に入るのはあまり歓迎されない」ということは理解しているようなので、いまのところ無理に突破しようとまではしません。でも、こんなふうに、ただ立て掛けただけの簾など、その気になればどうということはないので、これからの季節に向けて、何かもう少しちゃんとした対策を考えねばなりません。

なにしろ、1時間ほどたって見てみても、まだこうしているのです。
1102252.JPG
だって、これがわたしたちのお仕事だもの。

::::::::::::

明後日(28日(月))は、岡山MO:GLA で友部正人さんのライブがありますよ。まだ席に余裕があるようなので、ご存知なかったという方はぜひ!

1102256.jpg

詳細:http://www.mo-gla.com/schedule.html#tomobe

もちろんわたしも行きます。


::::::::::::

そしてこちらは徳島。明日です!

1102257.jpg

池田憲章講演会「脚本家・金城哲夫 -特撮とドラマを初めて融合させた人-」

  一九七六年二月二十六日、故郷・沖縄の病院で金城哲夫は息を引き取った。
  二十三日に不慮の事故に遭ったのだ、享年三十七歳。あまりに短い生涯だっ
  た。■聴覚障害の青年五郎の友人・巨大猿ゴロー、交通事故で死んだ少年の
  守り神・高原竜ヒドラ、天涯孤独の少女を見守った伝説怪獣ウー、そしてけ
  なげな友好珍獣ピグモン……。■金城哲夫の作り出した哀切の物語は、奇跡
  のように、今もなお私たちの心を激しく震わせてやまない。■「ウルトラQ」
  「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「怪獣ブースカ」「怪奇大作戦」など
  円谷作品の王道路線を敷いた金城は本土と故郷沖縄の狭間で深く傷つき、苦
  脳した。■その金城哲夫の人と作品について気鋭の研究家・池田憲章がいま
  渾身の情熱を注いで熱く語る! 貴重な機会です。多数、ご参集下さい!

 ◎2011年2月27日(日)午後2時半開演
 ◎北島町立図書館創世ホール(徳島県板野郡北島町)
 ◎入場無料

 詳細:http://www.town.kitajima.lg.jp/hole/event/20112.html


ご都合のつく方はぜひ!「古書ドリス」(http://www.kosyo-doris.com/)さんもすぐ近くですよ。


posted by 蟲文庫 at 12:52 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。