◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2011年04月09日

シマ子さん現る

一昨日くらいから急に暖かくなりました。桜はほぼ満開。すでに日差しは暑いくらいです。

そんな陽気に誘われて裏庭の掃除をしていたら、昨秋、この庭のどこかで自主冬眠に入ったまま行方不明だったヤエヤマイシガメのシマ子さんが、これまたどこからともなく現われました。

どこで寝てたんですかー?
1104091.JPG
「それはヒ・ミ・ツ」

他の亀のみなさんも、2日ほど前に起きました。やはり、桜が咲くと亀が起きますね。

1104093.JPG 1104092.JPG
右:シマ子の夫「タマ夫」。奥さん戻ってきてよかったねえ。
左:うんきゅうの「トチ」。

1104094.JPG
そして、お見合い中のイシガメ「むいちゃん」と、新入りの「きーちゃん(本名:菊男)」。
なかなかいい感じ。ちなみに大きいほうがメスです。

その他、クサガメの子「ちょき」、ロシアリクガメの「つぶさん」、自宅のクサガメ「サヨイチ」もみな元気。なんだかんだで総勢8匹になりました。

:::

熱を出したおかげで、風邪のほうはあっさりと治りましたが、その風邪が呼び水となった咳喘息。今回はなかなかやっかいです。いつもの薬が、どうもいまひとつ効かない。先生が「この吸入(気管支拡張剤)もだんだん進化してるんですよ〜」と言っていたけど、喘息のほうも進化してるのでしょうか。咳もしんどいですが、そのたびに肋骨の一番下あたりにある軟骨どうし(?)が触れ合い「ごりっ」と音がして激痛が走るのがさらにしんどいです。普段は接触しない部分が繰り返し擦られることにより炎症を起こしている模様。

そういえば、1回の咳で2カロリー程度消費すると言われますが、痛みが伴うので、たぶんその倍のカロリーは消費しているはず。咳喘息ダイエット。でもこれ以上痩せる必要はないのです。しばらく、すりおろしたリンゴとゆでうどんしか食べてないので、早く大人の食べ物が食べられるようになりたいです。


posted by 蟲文庫 at 18:25 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。