◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2006年07月11日

岩波の棚づくり

一週間以上も続いた、蟻んこ作業も昨日で終了。値踏みもすんで、いち段落です。文庫と新書だけでも1500冊以上。うち7割くらいが岩波です。ただ、最近のものもカバーを外されているのが残念ですが、うちは「読めればいい」というタイプのお客さんも多いので、絶版文庫をお安く提供できると考えればこれはこれ。棚一本を岩波で埋め尽くすなんて、きゃ〜っウレシイ。

というわけで、まずはホームセンターに行って材木を買ってこなくては。最近はSPF材が安いので助かります。なんせ、6フィート(180センチ強)が300円くらいだもんな。幅はないけど、文庫や新書には充分。


火星の庭で行われた、「一箱古本市・仙台」は、盛況のうちに終了したようです。ご店主の前野久美子さんからお電話をいただく。蟲文庫の箱はなかなかの好成績だった模様。どんな本が売れて、どんな本が残ったのか、それをみるのも愉しみです。ともあれ、まずはお疲れさまでした。


posted by 蟲文庫 at 12:43 | 古本屋日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。