◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2011年07月23日

酒津公園:犬の波紋

先日、急な用事で出かけた帰り道、酒津公園(さかづこうえん)へ行きました。市内北西部に古くからある公園です。

1107231.JPG

桜の名所でもありますが、すぐそばを流れる高梁川(たかはしがわ)という一級河川から、市内に張りめぐらされた用水路へと水を引き込んでいる場所なので、水量の豊富な川やため池もみどころ。ひさしぶりに来たけど、やっぱりいいなあ。

などと思いながら、水辺の周りの遊歩道をぶらぶら歩いていたところ、前方の景色の中に、なにやら違和感が。
1107232.jpg
何か、おかしい・・・。

1107233.JPG
どうも、ココがおかしい。

え、犬? その向こうはカモのカップルです。
1107234.JPG
犬ですね。それもかなり大きくてふわふわの。
マレーシアのマーライオンみたい。

1107235.JPG
あ、こっち向いた。

ここは、広くてゆったりとした雰囲気の公園なので、夕方になると、家々の犬々が飼い主に伴われてお散歩にやってきます。この白い大きなわんこもその常連さんのようですが、あのふわふわの毛が暑いのか、涼を求めてため池へ入ったものと思われます。飼い主さんは、しょうがないなあという顔で見守っておられました。

遊歩道を歩く、他のわんこに向かってほえています。
1107236.JPG
ほえるたびに広がる波紋が、ただでさえ妙な雰囲気をいやましていました。


1107237.JPG 1107238.JPG
木の幹のずいぶん高いところに、ヤゴの抜け殻。

ここはいろんな種類の蜻蛉もいるのです。


posted by 蟲文庫 at 14:14 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。