◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2006年08月09日

裏庭の変形菌(粘菌)

わが裏庭に住まう粘菌。毎年このお盆前後に出現します。

今日も、「さーて、むいちゃん(イシガメ)の水替えでもするかー」と
しゃがみこんだところ、地面に錆色をしたコナコナが。
DSCN6011.jpg

おや、これはもしかして、と目線を少し上にあげますと。
DSCN6034.jpg
やはりそうでした。

お馴染のムラサキホコリ科ムラサキホコリ属(Stemonitis)の変形菌さん。
かなりポピュラーなうえ、軸から先までが1〜2cmと比較的大型なので
初心者でもみつけやすいもののひとつです。

数年前、コケ観察中に出くわしたものを採集して帰り、裏庭に蒔いてみましたら、以来毎年ひょっこり出てきます。
ただ、植物が花を咲かせる時のような、わかりやすい「前触れ」がなく、しかも、肉眼でそれとわかるような状態になってから、この写真のようになるまでに、ほんの1〜2日程度なので、気をつけていないと見逃してしまいます。

蟲文庫の裏庭の変形菌スポット。
DSCN6018.jpg
水槽の左側、なんだかよくわからない木の棒の下のほう。


ちなみにわたしのパソコンは、「きん」と入力して変換すると、単語登録もしていないのに、最初にちゃんと「菌」が出てきます。さすがですね。



posted by 蟲文庫 at 16:22 | コケ+変形菌便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。