◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2011年08月29日

捻挫と正座

こないだ、家から店まで歩いて出勤していたところ、道路脇のアスファルトの剥がれた部分に足を取られてぐにっと捻り、捻挫をしました。
盛大に捻ったわりには、しばらくはなんともなくて、現場から店までの2kmほども問題なく歩けたのですが、午後になってじわじわと痛みはじめ、その痛みがどんどんと増し、ついには歩行困難に。これは困ったなーと思ってとりあえず店を閉め、湿布を貼って、ただひたすら安静に。これで痛みがひかないようなら病院でレントゲンですが、幸い翌朝には二足歩行が可能になり、あれから5日目になる今日はもう正座も大丈夫。運動神経がにぶいので、こういうことは時々やらかしますが、たいていは正座が可能になるまでにはもっと時間がかかるので、軽かったんですね。やれやれ。
それにしても、5日ほど正座をしなかっただけで、くるぶしの正座ダコは薄くなるもんなんですね。

おかげで、ぼちぼち始めようと思っている在庫置き場の整理(力仕事)のほうも問題なく出来そうですが、そういえば、その捻挫の直前に我が家にご滞在だった、仙台・火星の庭の前野さん親子とあれこれ話していたところ、ここのところ質問魔と化している8才の娘さん“めぐたん”から「おしおきって何?」と質問されたのですが、しばらく考えて「ほら、なにか悪いことした時に押入れとか物置に閉じこめられたりしたことない?」と尋ねたら、「ない!だって、本ばっかりだから入れない!」という返事。さすがは古本屋の娘、と一同大爆笑でした。うちも同じですよ。あれも何とかしたい。


最近のナドさん、ミルさん。

1108293.JPG

1108294.JPG

久しぶりに会った古い知り合いなどからは「えっ!あの猫まだ生きてるの?」と驚かれることがありますが、まあそれなりには元気にしています。元気でいてほしいです。
posted by 蟲文庫 at 13:33 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする