◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2011年09月07日

台風と定休日

このたびの台風12号、まさかの岡山直撃コース。倉敷市内でも河川の氾濫や土砂崩れなど、いつにない被害が出ました。「晴れの国」と呼ばれるほど雨量の少ない地域なので、いざという時に、どこがどう問題になるのかあまり分かっていないのですよね。
蟲文庫でも、以前から「排水がよくないなあ」と思っていた、裏山に接している溝の部分が、降り続く雨のために溢れ出し、一時は台所と裏庭が10センチほど水に浸かりました。ただ「台所」といっても、昔ながらの土間なので、要するに「床下」。もともと食器棚などもブロックを積んで底上げしているのであまり問題はなく、被害の程度でいえばごくごく軽微なものでした。ただ、なにしろ本屋なので、もしも売り場のほうまで流れ込んだ場合は目も当てられません。いちばん雨のひどかった数時間は必死で汲み出し作業を行い、なんとか事無きを得ました。ご尽力、ご心配くださったみなさま、ありがとうございました。

1109071.JPG
白い線のあたりまで水が来た。

帳場は「床上」ですが、その向こうの売り場は裏庭と同じ高さの土間なので、かなり危険な状態だったのです。

以前、徳尾書店のTさんから伺ったのだったと思いますが、ある古本屋が近隣の火災のために水浸しになり、本棚から抜けなくなった本(水を吸って膨らんで)をバールで引き出した、なんていう恐ろしい話もあるのです。本屋の浸水、それはもうすでにホラーですよ。


そんなこんなで、昨日の初定休日は、田園風景の中を東粒浦まで自転車こいで「天の」のうどんを食べに行ったり、シネコンに「ツリー・オブ・ライフ」を観に行ったりして見聞を広めました。いい休憩になりました。それにしても「ツリー・オブ・ライフ」はへんな映画でした。なんじゃこれ、と途中から自分の顔が勝手ににやにやしはじめていた。

ところで、この「毎週火曜定休」。じつは、只今ゆっくり進行中の亀の本とは別に、来春までにもう一冊単行本を書くことになりまして、そのドタバタを念頭に置いたものでもあるのです。またそれらが一段落したら、毎週ではなく隔週くらいにしようと思っていますので、しばらくの間、どうぞよろしくお願いいたします。何の本を書いているのかについては、またあらためて。


1109072.JPG
猫の本ではないです。

::::::::::::::::

10月14日(金)のワタナベマモルさんのライブ、ぼちぼち予約が入っていますので、ご希望の方はお早めに〜。

詳細:http://homepage3.nifty.com/mushi-b/events.html
posted by 蟲文庫 at 14:19 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする