◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2012年09月10日

大人の夢

長年、「もうずっと学校をずる休みしていて、今日こそ登校せねばならないのだけれど、なぜか異様もたもたして鞄の用意が出来ない」というような夢をみては、朝目が覚めて「ああもう、あんたいったい今年いくつだよ(…40才だよ)」と自分で自分に突っ込んでたのですが、最近急に「これから出張で東京などに行かねばならないのだけれど、なぜかジョルダンやえきから時刻表の乗り換え検索がうまくできない(それで出遅れる)」という夢に変化しました。なんと、現代の大人の姿です。
しかも、これまでの「ほんとは(学校へ)行きたくないんだけど」という心理状態が、いちおう前向きに「仕事へ行こう」としていて、なんか、わたしも大人になったもんだなあ、と思いました。

:::

現在、身内の中で、もっとも『亀のひみつ』に興味を示しているのが2才の甥っ子。「おばちゃん」のおかげでちゃくちゃくと亀好きに育っているのですが、たしかにこの本、どこをめくっても亀また亀。最近では、「はたらくくるま」と「しんかんせん」とこの亀の本ばかり眺めているのです。

1209101.jpg
甥の一葉(かずは)。
最近ついに「めめ」ではなく「かめさん」と言えるようになりました。

そしてこの亀の本、ちゃんと「おばちゃんが作った本」というようなことはわかっているようなのです。わかるもんなんですね。おばちゃんは、カニクレーンやドクターイエロー(整備用の黄色い新幹線)などに詳しくなりましたよ。

1才になったばかりの頃から、週5回は我が家へ来ているため、亀が家の中をうろうろしているのは、他の誰よりも「当たり前のこと」。たぶん、亀は経机の下や米びつの下に潜んでいるもんだと思っていることでしょう。これからだんだんと、亀の本来のくらしも教えていかねばと思っています。


posted by 蟲文庫 at 12:05 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。