◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2007年02月25日

昨夜の猫亀劇場

こたつの上でうとうとしていたナドさん。
072261.jpg
サヨ市「もしもしナドさん、もしもし」
ナド「しらんぷり、しらんぷり」

サヨ市さんはナドさんの尻尾に首をのせてすりすり
072264.jpg
サヨ市「ナドさんてば〜」
ナド「あっ、いまさわったでしょ」

立ち去るナドさん
072263.jpg
サヨ市「あ、まってくださいよ〜」

というわけで、またもや遊んでもらえなかったサヨ市さんでした。

::::::::::::::::

風邪をひきそうになっているところを、なんとか持ちこたえているここ数日。でもどうも耳がぼわぼわして聞こえにくい。調子が悪いと耳にくるのです。声をかけられても気づかない時があって、気の短いお客さんには怒られてしまう。いや、わざとじゃないんです。すみません。個人商店は、なにをさておき体調管理が肝要。

昨日のお昼頃、東京の友人から「いま池袋の往来座前」というメールが届く。おお、蟲日記も少しは役立ったんだなとうれしくなる。友人知人には、古本も古本屋も大好きだけど、そんなにチクイチ情報をチェックするほど熱心でもない人が多いので、ここでの宣伝は意外と効果的なようです。その後も数人から「行ってきた」という報告を受けとる。いいな〜わたしも行きたい。売るよりは、そりゃ買うほうが楽しいもん。

2月もそろそろおしまい。今月、自分のために買った本は、古本で一冊、新刊で一冊。自分の本なんて、そうは買えません。




posted by 蟲文庫 at 18:36 | 猫亀日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。