◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2013年08月09日

古本屋外活動週間でした

しばらく休みがちでしたが、おかげさまでいくつかの任務を無事終えることが出来ました。仕上げが日本蘚苔類学会の観察会(炎天下の野外)でしたが、倒れずすんでほんとによかったです。蘚苔類学会(コケ学会)は、日本全国から、その道の人々が100人くらい集まるのですが、みなさん「岡山っていつもこんなに暑いんですか?」とかなり驚かれた様子でした。岡山の夏は暑いです。そして、冬も意外に寒いです。


裏山観察中にみつけた虫こぶ。

1308091.JPG

1308092.JPG

最初は何だかわからなかったのですが、観察会に参加されていた、ある博物館の学芸員Mさん(美女)から虫こぶだと教えられました。

「ほら、どれも葉脈のところについているでしょう?」

「わ、ほんとだ」


1308093.jpeg
『虫こぶハンドブック』薄葉 重(文一総合出版)によれば

クヌギハマルタマフシのようです。
posted by 蟲文庫 at 13:07 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする