◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2017年11月04日

「星と本とくらす」


1711031.jpg

先週、思いがけないことに『苔とあるく』(WAVE出版)の増刷が決まったとの知らせがありました。第5刷になります。発売がちょうど10年前の2007年10月。担当編集の飛田さんと「10年後にも書店に並んでいる本にしたいですね」と言いながら作った本ではありますが、努力したり、望んだりするだけで実現するものではありませんので、うれしさもひとしおです。これからもどうぞよろしくお願いします。

:::::

(おしらせ)

1711032.jpg

11月25日(土)岡山大学 津島キャンパス内 Jテラスカフェで 「秋の夜長の本だんぎ 〜星と本とくらす〜」というトークイベントを行います。

出演:蟲文庫 田中美穂(聞き手:古本斑猫軒 渡邉賢二)
日時:2017年11月25日(土)18:30〜20:00(開場18:00)
料金:500円+ワンドリンク(500円〜)
定員:50名程度

古本屋のことや、文章を書くようになったきっかけ、自分の本を出すことになって初めて知った出版の世界のこと、今年出した『星とくらす』のことなどを、地元の同業の茶飲み仲間である斑猫軒さんとお話しします。

お申し込み:メールもしくは電話にて、お名前/参加人数/電話番号/(その他)をお知らせください。
メール:sbc.20171125@gmail.com
電話:0863-51-2920(451ブックス)

どうぞよろしくお願いします。

企画・運営:瀬戸内ブッククルーズ

:::::

1711033.jpg 1711034.jpg

『AERA』の「読書days」というリレーエッセイのコーナーに今週号から書かせていただいています。自身の読書遍歴についての全5回の連載。よかったら読んでみてください。第1回目は『ベルリン物語』橋口譲二(情報センター出版局)です。



posted by 蟲文庫 at 15:32 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。