◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko-diary.seesaa.net

2018年09月01日

『本の虫の本』

大阪の創元社より『本の虫の本』が発売になりました。著者は林哲夫、能邨陽子、荻原魚雷、田中美穂、岡崎武志(掲載順)の5人。

DkxLPLtU4AAb6r3.jpg

DkxLQvuVAAA4hNb.jpg

『本の虫の本』(創元社)2300円+税


本、古本、本屋、古本屋など、本の世界にまつわる用語を、それぞれが思うままに解説したり、考えをのべたり、見聞したことや体験を書いたりしています。わたしが書いたものは「『わたしの小さな古本屋』の近ごろの様子」のような内容になりました。2段組352頁でかなりのボリュームです。どうぞよろしくお願いします。

IMG_3303.JPG
カバーを外してもかわいいです。


IMG_3300.JPG

IMG_3302.JPG


イラストは赤井稚佳さん!
posted by 蟲文庫 at 16:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする