◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko-diary.seesaa.net

2007年07月23日

実写版 亀コスプレ

梅雨が明けたようです。

RIMG1506.JPG
ずっとこんなだったナドさんも

RIMG0003.JPG
こんなふうになりました。

いかに心地よく寝るか、ということが人生(猫生)最大のテーマのようです。

ところで、件の「四コマ蟲文庫」ですが・・

これも、例によって偶然なのですが、じつは似たような格好をしていた時期があるのです。
あれは、ハタチ頃でしょうか。自分で作った「亀リュック」を背負って歩いていました。
(もちろん、あの絵を描いた友人に、そんな話をしたことはない)

コレ。
RIMG0015.JPG
いまでも大事にしている。

だいぶ小さいですが、でもこの「亀」は、きんちゃく部分にくっついているだけで何の役にも立ちません。
しかし当時は、どこへ行くのもこれを背負っていたはずなので、ということは、グリーンハウス(地元の輸入盤屋さん)やペパーランド(地元のライブハウス)なんかにも、この格好で出入りしていたんでしょうね・・あ、ということは、もしや、ペパーランドで観たマーブルシープ(キャプテン・トリップ・レコーズの松谷氏のバンド)のライブの時も、亀背負ってたかも・・覚えてないけど。
いや〜・・若いってオソロシイですね。

でも、当時、既にジュリアン・コープの1stは知っていたはずですが、あのジャケットを意識したわけではないんですよ、もちろん。
ジュリアン・コープさんといえば、近年その度合いを増している奇人変人ぶりで、わたしの中では、にわかに注目度アップの存在ですが、しかし、ほんの僅かとはいえ、いまこうして我が身を重ねてしまったのは複雑な気分です。

posted by 蟲文庫 at 17:54 | 亀コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする