◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2007年07月25日

蝉スポット

梅雨明けとともに、盛大に鳴きはじめた蝉のみなさん。近所のお子達の「蝉スポット」である我が家の庭は、朝もはよから大賑わいです。恐怖におののく蝉の鳴き声、そしてお子達の嬌声。もうそれはそれ、「うるせーっ!!」という感じです。まあでも、わたしもそうやって遊んできました。近くにあった廃屋を「探険」して怒られたり。蓮根畑(というのは、すなわち沼です)に落っこちて死にそうになったり。
夏休みなのですね。

大人のわたしは梅雨明けとともに、いそいそ洗濯に布団干し。足ふきマットがぱりりと乾いて気持ちいいです。

あれ?ツブさん(リクガメ)がいない、と思ったら
R0011904.JPG
植木鉢の隙間で甲羅干し中でした。

コケ本の、ハルミンさんのイラストが届く。す、ご、い、かわいいーーー!
やっぱりこの本は、ハルミンさんのイラスト以外ありえません。
見せびらかしたいけど、まだまだオアズケなので、ひとりで眺めてニヤニヤする。

と、そんなところへ定期購読している唯一の雑誌『彷書月刊』が届く。ハルミンさんの連載は、なんと『まほちゃんの家』(WAVE出版)のこと。わーい。
(このコケ本は、『まほちゃんの家』と同じ飛田さんという女性が担当してくださっているのです)


posted by 蟲文庫 at 13:34 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。