◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2005年07月09日

祖父母

  「祖父母」

 先日、自分の経営する古本屋の外観を写真に撮っていると、向こうから
見慣れない犬が二匹連れ立って歩いてきました。
 前を歩くのが、中型の雑種然とした犬で、その後ろにぴったりとついて
いるのが、小型でグレーの巻き毛の洋犬。その組み合わせだけでも、なん
だか面白いので、これはシャッターチャンスとばかりパチリとやっていた
ら、なんと、そのまますんなりと店の中に入っていってしまいました。

 二匹とも首輪をしていて、人にも慣れているふうですが、しかしリード
も飼い主も見当たりません。そして、実は少し犬が苦手という事情もあり
いったいどうしたものか、と遠巻きにおろおろしている私を気に留めるふ
うもなく、店の中で寝そべり、ごろごろと寛いだりじゃれあったりして、
そして小一時間くらいがたってから、また二匹連れ立って、ふいと去って
ゆきました。

 と、そんな話しを友人にすると、
「それ、誰か知り合いよ、きっと。おじいちゃんとおばあちゃんあたりじ
ゃないの?」と言うのです。
 もちろん、すぐに真に受けたわけではないですが、そう考えてみるのも
悪くないな、とぼんやり思っていると、なんだかだんだん本当に、あれは
祖父母であったような気がしてきました。

 祖父母とは、離れて暮らしていたせいもあって、なんとなくぎこちない
間柄でしたが、私が店を始めたことはやはり喜んでくれたようで、開店祝
いに訪ねてくれた
時、記念に私が撮ったスナップ写真は、本当にいい顔をしています。あん
まりいい顔なので、その写真の首から下に合成の喪服を着せたものが、翌
年相次いで亡くなった二人の遺影に使われたのでした。

 開店当初の店はというと、我ながら目を覆いたくなるような、がらんと
した、みすぼらしいもので、よくもまあ、あの店をみて、あんな笑顔がで
きたものだと、今になってつくづくと思います。
 あれから十年、苦しいながらも続いているこの店は、それでももう誰が
見ても「本屋さん」とわかるようなものになりました。
 そうだ、今のこの店を、おじいちゃんとおばあちゃんに見てもらいたか
ったなあ。と、そんなことをつらつら考えているうちに、私の心の中では
もうすっかりあの二匹の犬は、姿を変えた祖父母ということに落ち着いて
いたのでした。

 そういえば、やはりあれから一度も見かけないのです。


                    (瀬戸内作文連盟 vol.1)
                      2004年9月


sofub1.jpg 

sofub2.jpg



posted by 蟲文庫 at 20:35 | 過去の文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。