◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko-diary.seesaa.net

2005年10月20日

苔パトロール

昨日は、久しぶりに店を休んで、春、秋恒例の「苔パトロール」に行ってきました。
お気に入りのフィールドに異状はないかと見て回るのですが、今回は、珍種の羊歯
コケの宝庫、Y○峡。かつて、ヒバゴンならぬY○ゴンの噂も流れたほど、うっそ
うとした原生林の残る素晴らしい場所です。幸いにも特に目立った変化はなく、い
い具合に放置された状態が保たれていました。しかしこんな所に来ると、「あ、○
○コケ、あ、キノコだ、あー変形菌(粘菌)、あ、座頭虫も久しぶり、おおっと、
ニョロさんだ〜......と、その前に足元に気を付けなくては」などと情報過多でアッ
プアップしてしまいますが、ともかく大変満喫いたしました。海か山か(犬か猫か
漉し餡か粒餡か)と問われたら、断然後者です。

その後、同行者のひとりの提案で、某所にて初心者向けの洞窟探検もしました。初
心者向けといっても、ちゃんとヘッドライト(その人は、いつも持ち歩いているら
しい)を装着しての本格的なやつです。本当の真っ暗闇は始めてのことだったので
軽い恐怖感、緊張感とともにかなり楽しめました。ついつい頭の中を、嘉門達夫の
♪ゆけーゆけー川口浩♪が流れたりします。でも、こういうのは基本的に男の子の
世界ですね。

yaman.jpg

senosan.jpg
こんなところです。
暑くなく寒くなく蚊もいない、まさに絶好のパトロール日和。

miztamakoke.jpg
コケに水玉。

doukutu2.jpg
あてずっぽうにフラッシュをたいて撮った写真。
感想:「こんなところを歩いていたのか...」



posted by 蟲文庫 at 17:49 | コケ+変形菌便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする