◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko.com

2005年11月03日

『苔袋』東京へ行く

数日前のこと、ぼんやりと(って、私はいつでもぼんやりしておりますが)全く面識は
ないというのに“何点かの自主製作物の数少ない取扱店”同士ということから、勝手に
シンパシーを感じている、東京は中野にある「タコシェ」のことを考えていたら、そこ
へ突然、当のタコシェさんから電話が掛かってきました。もちろん初対面(いや、電話
ですが..)です。びっくりしました。
この度ご一緒することになった『豆本展』のことかしらんと思って話しはじめると、実
はそうではなくて、なんと蟲土産の中の『苔袋』をタコシェに並べられないかという、
ありがたい打診だったのです。わーい。

倉敷の鎮守の杜のふもとで生まれ育った田舎者の『苔袋』が、はたして東京なんぞでち
ゃんとやって行けるんだろうかと不安ではありますが、ともかく決ったからには頑張っ
てもらうしかないので、只今納品にむけて鋭意制作中です。今月末までにはタコシェの
店頭(....いや、しっぽのほうかもしれんが)に並ぶ予定。東京及びその近郊のみなさま
どうかよろしくお願いいたします。都会の人波に疲れてしゃがみ込んでいたら、そっと
手を差しのべて、とりあえず見える所らへんまで引っぱり上げてやってください。

ところで現在、千倉海猫堂で行われている『豆本展』のDMはこちら。
http://www.geocities.jp/takahashibiwa/uminekodouDM2005-11.html
参加される、たかはしびわさんのページからリンクさせていただきました。

蟲文庫での展示は1月です。






posted by 蟲文庫 at 18:18 | コケ+変形菌便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。