◆古本・倉敷「蟲文庫」◆
mushi-bunko-diary.seesaa.net

2017年12月31日

おしらせ

161103.jpg

《営業日について》
●都合により、当分のあいだ不定休とさせていただきます。営業日が不規則になり、ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

《今後の休業と営業時間変更の予定》
※ひと月の間に5日〜8日間程度休業します。予定は変更になる場合があります。

《休業》
・2017年10月2日(月)〜 6日(土)
・2017年10月29日(日)〜11月2日(木)




《出版物》

・『星とくらす』田中美穂 著 /木下綾乃 絵(WAVE出版)が発売になりました。苔、亀に続く第三弾(完結編)です。(2017年6月20日更新)
・復刊された、龍膽寺雄『シャボテン幻想』(ちくま学芸文庫)の巻末の解説を書かせていただきました。(2016年12月10日)
・『わたしの小さな古本屋』が増補版としてちくま文庫で再刊されました。(2016年9月10日)
著書に『苔とあるく』、『亀のひみつ』(以上WAVE出版)、『わたしの小さな古本屋』(洋泉社)、『ときめくコケ図鑑』田中美穂 文/伊沢正名 写真(山と渓谷社)。編著には『胞子文学名作選』(港の人)があります。昨年は原民喜『幼年画』(サウダージ・ブックス)の解説を書かせていただきました。

《お問い合せ》mushi-bnifty.com、TEL/FAX 086-425-8693
 ※メールの不着トラブルが多いので、しばらくしても返信がない場合はお電話でお問い合せください。

・日々の細かいお知らせはtwitterを:https://twitter.com/mushi_b
posted by 蟲文庫 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

通勤路の田んぼ

田んぼの稲が実ってきました。一年中、どの季節の田んぼもいいものですが、稲刈りが近づく時期は格別です。
初夏に田植えがおわり、しばらくして「稲苗もずいぶんしっかりしてきたなあ」などと眺めたりしているうちに暑い暑い夏がやってきます。照りつける太陽のもと、じっと息を詰めるようにして過ごし、そしてお盆をすぎて、近所の人らと「朝晩はだいぶらくになりましたねえ」などと言いあいながら、ふと落ち着いて田んぼを眺めると、もう稲穂も垂れはじめているのに気がついて、「わあ、もう秋だ」と目を見張る、といういつものパターン。うちは農家ではないので暢気なものです。

IMG_1343.JPG
青々と、頼もしく育っている稲苗(7月22日)

1709152.jpg
稲穂が垂れてきて、これからだんだん金色になります(9月14日)



IMG_1547.JPG
夏から秋へ、といった感じの雲。
posted by 蟲文庫 at 13:22 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

運動靴デビュー

朝晩ずいぶん涼しくなりました。日中はまだまだ30℃前後あるとはいえ、動きやすくなったせいか、ここのところうれしい買取りが続いています。それにしても、9月にはいった途端、素足にサンダルやノースリーブのワンピースなどを見ると、なんだか落ち着かないような、心もとないような気持ちになるのも不思議なもので、こないだ冬物洗って仕舞ったところなのになあ、と意識は少しずつ防寒のほうへ。

P7020174.JPG
入口を開けっぱなしていると、さっそくやってきたご近所さん。
猫のみなさんも過ごしやすそう。


昨年から、月に一度程度、数日間京都に滞在するようになりました。仕事でも遊びでもなく、家事手伝いで。店にとっては、休業日が不規則になるのは良くないに決まっていますが、この歳(45歳)になるまで、ただの一度も倉敷以外の場所で生活したことがなかったので、いい経験といえば、いい経験で、そしてちょっと時間が出来た時にはあちこちのすばらしい書店や古書店へ行けるので、大変勉強にもなります(蟲文庫への反映のほうは、これからぼちぼち……)。
でもなにより「よかったなー」と思っているのは「昼間に外を歩く時間が出来た」こと。もうずっと、20年以上も、午前中に自転車で店まで行って、ずーっと帳場に座って、そしてすっかり暗くなってからまた自転車で帰る、という生活を続けていたので、まとまった時間歩くことなどほとんどなかったのです。そんなこんなで、去年、大人になってはじめて「歩きやすい靴」というものを買いました。子供の頃から運動が大嫌いで、運動を連想させるTシャツやスニーカーまで嫌いだったのですが、どちらもついにデビューを果たすことができました。スニーカーというのは、ほんとに歩きやすくていいものですね。移動が増えたので当然忙しくなりましたし、これまでとは違う部分の体力を使うようにもなりましたが、おかげで慢性の座骨神経痛は軽くなってきました。近所の人から「なんか顔色よくなったね」とも言われます。運動って大事だなあ。これからも、まずは健康第一でやっていきたいと思います。よろしくお願いします。


P7120354.JPG
散歩に最適の鴨川。

IMGP7961.JPG
こないだは、自転車で上賀茂神社まで行きました。
posted by 蟲文庫 at 13:02 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

看板の金具

昨日の昼間、表でガターンと大きな音がしたので慌てて出てみたのですが、周囲は特に変わった様子もなく、「あれ?」と狐に摘まれたような思いでまたそのまま帳場に戻りました。そして、そんなことがあったのもすっかり忘れていた夕方、水やりのために表に出てみると、店の看板が落ちているのにやっと気がついたのでした。ちょうど、建物とその前に停めている自転車との隙間に落ちていたので、目立たなかったのです。見てみると、取り付けていた金具が老朽化して切れたようでした。そういえば、2000年8月にここに移転した時から一度も取り換えたことはないはずなので、17年ほどたってついに切れたということです。

IMG_1509.JPG
すぐ直しました。
これからの17年ほども頑張ってほしいです。


9月に入り、朝晩がずいぶん過ごしやすくなりました。空にはいつのまにか秋の雲。

IMG_1378.JPG
夏を惜しんで、夏っぽい鴨川の亀の写真を。


:::::::
(おしらせ)


IMG_1510.JPG

『東京人』10月号 特集「クラシック音楽都市?東京」の巻頭エッセイを書かせていただきました。
特集とは関係のない「星のはなし」です。

:::

IMG_1515.JPG IMG_1516.JPG

『サンデー毎日』(9.10.2017 増大号)に『星とあるく』の著者インタビューを掲載していただきました。インタビューと執筆は南陀楼綾繁さんです。
posted by 蟲文庫 at 16:25 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

夕焼けと夕方猫

日が暮れるのがずいぶん早くなりました。
19時に店を閉めると、たいてい郵便局の夜間窓口に急ぎの郵便物を出しに行ったり、近くのコンビニに公共料金などの支払いに行ったりします。日の長いうちは、その行き帰りに夕焼けを眺めたり、夕涼みの猫たちを写真に撮ったりするのが楽しみなのですが、そろそろ難しくなってきました。

こないだまでの夕焼けと夕方猫たち。

DH_JJZQVoAIqguv.jpg

IMG_1275.JPG

DH0wN1_VwAEDLkC.jpg

IMG_1337.JPG

P7060325.JPG

IMG_1427.JPG


そしてこれからの季節、楽しみになるのは星空。

初夏に出した『星とくらす』は秋からはじまる本なので、内心ずっとそわそわしていたのですが、だいぶそれらしい季節が近づいてきてほっとしています。ひきつづきよろしくおねがいします。


:::::
(おしらせ)

DG_6xpaUMAEDiKu.jpg

『POPEYE』9月号 特集「君の街から、本屋が消えたら大変だ!」の中でご紹介いただきました。倉敷も本屋が激減してしまった町なので「まあとにかく、本屋が一軒でも多いといいよね(古本屋だけど)」と思いながらやっています。見かけたらぜひ手に取ってみてください。
posted by 蟲文庫 at 12:16 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

夏休みの店番

今年のお盆休みの期間中も大勢の方にお越しいただきました。ありがとうございました。しばらく顔を合わせていなかった友人知人も覗いてくれて、たのしい数日間でした。

こないだも、ひさしぶりに訪ねてくださったある方から「相変わらず、よくじっとしてられるわねー」と感心されましたが、だからこそ、こうして訪ねてきてもらえるんですけどね、と相変わらずそう思うのでした。


P8130682.JPG
最近よく、うちの物干し台で涼んでいるご近所さん。
posted by 蟲文庫 at 18:14 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

友部さんの月と星

先日、近くまで来られていた友部正人さんとユミさんご夫妻がお立寄りくださいました。ここ数年、家の都合で店内でのライブはもちろん、近隣であったライブを観に行くことすら出来ていなかったというのに、まさか自分の店で店番をしていてお会いできるなんて。ほんとうにありがたく、うれしく「なんて幸せ者なんだ、わたし」と思いました。

お話しによれば、数日前に鎌倉のmolnというお店であった「貸切り図書館」というライブのイベントで、わたしの『星とくらす』の紹介とともに、月や星にまつわる歌を何曲か歌われたのだそうです。例えば、♪月はあんなに、明るいのに♪という歌詞の出てくる「夜よ明けるな」とか。

鎌倉 moln「貸切り図書館 49冊目」
http://cloud-moln.petit.cc/banana/2706126

他に、月だと「はじめぼくはひとりだった」「一本道」「あいてるドアから失礼しますよ」「びっこのポーの最後」「ルナダンス」「密漁の夜」「38万キロ」「ジョージア・ジョージア・オン・マイ・マインド」「イタリアの月」「空から神話の降る夜は」「夜明けからいちばん遠い2月」「月の船」などがありますね。友部さんとユミさんは「月はいろいろあるけど、星が思ったよりなかったね」と仰っていました。そういえばそうかも。星ですぐに思いつくのは「君はこんな言い方嫌かもしれないけど」の♪ちっぽけな夜空が いっぱいの星で見送ってくるよ♪とか「地球のいちばんはげた場所」の♪ぼくらは古新聞を指揮棒にして 冬の星座に歌わせた♪かな。あと「海が降る」には天の川が出てきますね。「遠来」の♪ぼくらのいる星をながめている♪とか「愛について」の♪星のように遠い場所から♪はどうでしょう。ちょっと違うかな。
ああ、できるものなら聴きに行きたかったです。


IMG_1362.JPG

はじめてお会いした時にいただいたサイン。
1993年12月23日といえば、蟲文庫オープンのひと月ほど前です。
当時のわたくし、21歳。

探してみたら、その時のライブのポスターが出てきました。
17080501.jpg
シルクスクリーンによるプリントの布製。

あ、いまこうして書いていて、「月でもうひとつ思い出した!」と思ったら「君が欲しい」の♪心やさしい月の輪熊が♪で、これは月ではなくてクマでした。


ライブの時にお会いするのとは違って、近況や共通の知人のことなど、いろんなことをゆっくりとお話し出来て、たいへんうれしかったのですが、でもまた蟲文庫でもライブが出来たらいいなあということも、つくづくと思いました。そういえば、おふたりとは、15年ほど前の真夏の蟲文庫での“酸欠”「友部正人朗読会+ライブ」の話にもなりまして、笑いながら「あれ、ほんと大変だったよね」なんて。

しばらく休んでいた蟲文庫でのライブは、3月のかえる目が5〜6年ぶり、そして近くのライブハウスに観に行くことすら、先日の知久寿焼さんのソロが数年ぶり、といった状況なのですが、どちらもこれからだんだんに復帰できたらと思っています。またよろしくお願いします。


お土産にいただいた、私家版の詩画集

IMG_1360.JPG

友部正人と広田稔による詩画集
『色鉛筆のどんでん返し』
『風のあしあと』

posted by 蟲文庫 at 16:55 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

お盆のおしらせ

暑くなりました。関東方面のニュースを聞くと、天候が不安定で気温も低めのようですが、こちら岡山は安定の猛暑。表へ出ると身の危険を感じるほどの日差しです。最近、締切までにあまり間がない原稿の依頼が続いたな、と思っていたら、そうでした、お盆進行というやつですね。観光地ということもあり「連休こそ仕事」なので、つい忘れがちです。

昨年は都合により休業しましたが、今年は例年通り「お盆休み」の期間中は休まず営業の予定です。ただ、その前に6日(日)〜10日(木)まで休業いたします。詳細についてはブログトップの「おしらせ」ページをご覧ください。先日、ある方から「休業日のおしらせがわかりにくい」というご指摘をいただき、さっそくカレンダー式にしてみました。


お盆っぽい写真を一枚。

DGHIXi8UAAE5H3R.jpg
家のまわりにわずかに残る蓮根畑
今年もきれいに咲いていました。
posted by 蟲文庫 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

『星とくらす』できました


先日もお知らせさせていただいた、『星とくらす』が出来上がりました。そろそろ店頭に並びはじめていると思います。蟲文庫にはすでにあります。
『苔とあるく』『亀のひみつ』につづく三部作の完結編。


P6150061.JPG
『星とくらす』田中美穂 著 木下綾乃 絵(WAVE出版)1600円+税

P6150062.JPG
帯を外したところ。

P6150063.JPG
カバー裏は南天の天の川。

装丁は、今回も松田行正さんのマツダオフィスです。


「苔」「亀」は、基本的に「そのことに詳しい人」の立場で書いていますが、今回はまったく違って、かなり素人の目線のもの。内容も、「自転車での帰り道に星空を眺めている日常についてのエッセイ」が中心で、どことなく『わたしの小さな古本屋』に近い部分もあるかと思います。「天文の基本について」ではなく、そこへいたるもう一、二歩手前あたりの、星に親しむきっかけやとっかかりになれば楽しいなと思って書きました。かえる目の「天文台もなかのうた」についての文章もありますよ。

3年ほど前にこの本を書きはじめた頃から、母が「天文はぜんぜん興味がない…(私には難しいかも)」と暗い顔をしていたのですが、先月、試しに4校くらいのゲラを見せてみたら、「わ、これなら読めそう!おもしろそう」と目が輝いたので心底ほっとしました。これは内容もだとは思いますが(思いたいですが)、木下綾乃さんによるイラストのおかげも大きいと思っています。案内役のヤマネコくん、とてもかわいいのです。

ところで、この本は「秋のころ」のオリオンの話しからはじまっています。季節外れもいいところですが、秋の終わりから見えはじめるオリオンは、日頃から星に親しんでいる人にとっても、それほどでもない人にとっても、印象深く、頭の中でイメージしやすいのではないかと思ったからです。とはいえ、季節に関係のない話題も多いですし、たったいまが初夏なだけで、季節はどんどんと移り変わるので、目次などで気になったところから読んでいただければうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

星空をはじめとした写真や、専門的な内容の確認については、多くの方ににご協力をいただきました。
『苔とあるく』からちょうど10年。「おわりに」にも似たようなことを書いたのですが、同じ編集者と10年かけて、このような3冊の本を作ることができたのは、とてつもなく幸せで、ほとんど奇跡のようなものだと思います。これまで、さまざまな形でお力添えくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。
無事出来て、よかったなー。


「この本が、ふだんより少しだけ目線を上げ、星々に近づくきっかけとなりますように。」


posted by 蟲文庫 at 20:09 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

氷ノ山の星空と星の本

2ヶ月ほども更新できずにいるうちに、もう6月です。

以前にもちらっとお知らせをさせていただいていましたが、数年前から取り掛かっていた星についての本が、ついに今月中旬〜下旬に発売されることになりました。
『苔とあるく』『亀のひみつ』につづく第3弾(完結編)の『星とくらす』という本です。前の2作にくらべると、エッセイの要素が強く、内容も「星は好きだけどそれほど詳しくはない」という立場で書いたものなので、雰囲気はだいぶ違うものになったと思います。「自転車での帰り道に星の観察」をしている日常の様子を中心に、流星と彗星はどう違うかなどをイラスト入りでちょこちょこと解説しています。詳しいことは、またあらためて。どうぞよろしくお願いします。

1706131.jpg


:::::

先日、コケ観察会の講師として鳥取県の若桜(わかさ)へ行ってきました。スキーをされる方なら「氷ノ山(ひょうのせん)」という山の名前で知っておられるかもしれません。

IMG_1177.JPG
若桜鉄道「若桜駅」


1706021.jpg

1706022.jpg

1706023.jpg

1706024a.JPG

倉敷から鉄道を乗り継いで4時間ほどかかる中国山地の深いところです。若桜自体は初めてでしたが、ここから峠をひとつ越えたところ(兵庫側)に母の実家があるので、ひどく懐かしい感じもありました。

「氷ノ山 自然ふれあい館 響の森」で行われている様々な観察会の一貫で、これまであまりじっくりとコケを見たことはなかったという方の参加がほとんどでした。そんなわけで、まずはコケとコケ以外の植物とを見わけるところからはじめます。その後は、現地に生えているいくつかの特徴的なコケの種類を紹介しました。新緑のまぶしい初夏の森で、地面や岩にはいつくばっているのはもったいないような気もしないではないですが、コケのほうも凵i胞子体)が伸びている時期で「いちばんいいシーズン」ではありました。最後は屋内で顕微鏡観察を。
講師ひとりだったので、行き届かないところが多々あったと思いますが、他の動植物とはちょっと勝手が違う、コケへの近づき方を体験していただけたのではないかと思います。暑い中、ほんとうにありがとうございました。

ところでこのあたりは、倉敷天文台で数々の彗星を発見した本田實さんの生まれ故郷にも近く、天気予報を見ながら「もしかしたら…」と内心期待していた通り、夜には、思わず息をのむような、すばらしい星空を見ることもできました。
近々発売予定の『星とくらす』にも書いたのですが、星を眺めるようになった最初のきっかけは、倉敷天文台と本田實さんの存在なので、なんというのか、もう胸いっぱいでした。


1706025.jpg
星の写真は撮れなかったので、夕日の写真を。


:::::

(おしらせ)

1706026.jpg 1706027.jpg

山尾悠子さんが、角川書店のPR誌『本の旅人』に「倉敷・蟲文庫への通い始め」というエッセイを書いてくださいました。大きめの書店では配布されていると思いますので、機会がありましたらぜひ手に取ってください。わたしはまずは神棚に。


現在蟲文庫では、山尾悠子さんのご著書も販売しております。

1706028a.jpg 1706029.jpg

『角砂糖の日』山尾悠子歌集(LIBRAIRIE6)3200円+税 
3月に重版されたものですが、こちらも既に在庫僅少となっています。

17060210.jpg 17060211.jpg

『夢の遠近法』山尾悠子(ちくま文庫)900円+税
『ラピスラズリ』山尾悠子(ちくま文庫)760円+税

いずれもサイン入りです。
posted by 蟲文庫 at 18:38 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

かえる目、科、属、種

あれから、さらに風邪をこじらせたり、確定申告があったりして、いつのまにか3月も中旬になっていました。お彼岸ですね。

ひさしぶりの「かえる目」のライブ、あらためて宣伝をと思っていたのに、もう日も迫り、そろそろご予約で満席になりつつありますが、それでもあたらためて。

IMG_0865.JPG

「蟲文庫で、かえる目の切符拝見」
出演:かえる目(細馬宏通:vo, g、宇波拓:g、木下和重:vo, vl、中尾勘二:perc, kl)
於:蟲文庫
日時:3/30(木)18:30開場/19:00開始
予約:2300円/当日:2500円(※ドリンクのご用意ができないため、持ち込み歓迎いたします)

このすてきなライブのタイトルは、細馬宏通さんが考えてくださいました。
ちなみに「かえる目」は「かえるもく」と読みますよ。動植物の図鑑などをみていると「目」「科」「属」「種」というのが出てきますが、あの「目(もく)」です。かえる目の場合、メンバー4人全員揃う時は「かえる目」、なんらかの都合で3人の時は「かえる科」、同じく2人の時は「かえる属」、そして細馬宏通さんのソロの時は「種」である「かえるさん」になります。

それでは、みなさまのお越しをお待ちしております。たのしみー

※大盛況をもって終了いたしました。お越しくださったみなさま、メンバーのみなさま、ほんとうにありがとうございました。

かえるむし-4ab.jpg
撮影:藤井 豊(2017.3.30)

当日の様子は、またあらためて書きたいと思っています。
posted by 蟲文庫 at 11:50 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

24年目になりました

日差しがずいぶん明るくなってきました。冬の短いこちら山陽地方は、そろそろ春めいてきています。

おかげさまで蟲文庫は、この2月7日に23周年を迎え、24年目となりました。本当に、どれをひとつとっても、おかげさまと幸運とのうえに維持継続できている思います。そして、自分に出来ることは、これからも「続けていく」「続けられる」ということを一番に考えながらやって行くことだと思っています。ひきつづきどうぞよろしくお願いします。成り行きとはいえ、よくこんな寒くて暇な時期にはじめたものだと、毎年しみじみ思います。


RIMG0021.JPG

自宅付近のノラさん。先日ついに写真に撮ることができました。


でも、そんなことを言っているそばから、先週は風邪をひいて臨時休業してしまいました。体調不良で休むのは、昨年春のぎっくり腰以来です。突然やってきた咽喉の腫れ、悪寒、節々の痛み、38〜39℃の発熱(ふだんは風邪をひいても熱は出ないタイプです)で寝込み、もうこれは絶対インフルエンザというやつでしょう、と思い、なんとか起き上がれるようになったタイミングで自宅からいちばん近いM内科へ。M先生は弟の同級生のお父さんです。待合室に座っているのもつらい状態でしたが、事前に「インフルエンザかも」と申告していたせいか早めに診てもらうことができ、結果「おめでとうございます!インフルエンザじゃありませんでした。自由行動です!」という診断と現在の症状にあわせたお薬を処方していただき、しかし、会計とお薬待ちの間に貧血を起こして、しばらく診療室で横になるなどしながら、またよろよろと家まで帰りました。久しぶりに診察していただいたM先生は、快活さはそのまま、いい感じにお歳を召しておられました。
ということで、「症状の重い風邪」でした。症状が出る直前までいつもどおり店番をしていたので、インフルエンザではなくてほんとうによかったです。

そして、二日ぶりに店を開けると、「どうやら今日は開くらしい」ということで、ご旅行の日程を入れ替えてまで待機してくださっていた方が二組もみえ、感謝の言葉もありませんでした。ほんとうにありがとうございました。


:::::

【速報】

3月30日(木)に、かえる目のライブが決まりました!

「蟲文庫で、かえる目の切符拝見」
出演:かえる目(細馬宏通:vo, g、宇波拓:g、木下和重:vo, vl、中尾勘二:perc, kl)
於:蟲文庫
日時:3/30(木)18:30開場/19:00開始
予約:2300円/当日:2500円

すでにご予約受付中です。6年前の「かえる目のムシムシ大行進」以来となります。年度末の月末の平日ですが、ご都合のつく方はぜひ!

IMG_0760.JPG

posted by 蟲文庫 at 13:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

表紙の版画

お正月の空気もすっかり消えてなくなって、一年でもいちばんひっそりとした季節になりました。毎日寒いですね。でも、本棚の整理や補充をするにはいい時期です。

暮れのある日、何冊かの本をお買い上げになったあと声をかけてくださった女性は、ちくま文庫版『わたしの小さな古本屋』の装画を担当してくださった平岡瞳さんでした。
このたびのことがあるまで、直接は行き来がなかった方で、お会いするのはもちろんはじめて。でも、この本が出来た時、東京のある古書店主さんから「えっ!平岡さんと田中さんて、知り合いじゃなかったんですか?」と驚かれたくらいで、たしかにぴったり、というのか、しっくりというのか、そうわたしが言うのも図々しいですが、出来上がった本を手に取ったとき、妙に、ほっと落ち着いた気持ちになったのです。思わず「よかったねえ」と自分の本にむかって声をかけてしまいました。そしてこの時ご本人にお会いして、件の古書店主さんの言葉をあらためて思い出しました。

しかも、オリジナルの版画を「もし、よかったら」とお贈りくださったのです。

1701231.JPG

いつか見てみたいと思っていましたが、まさか手元に置くことができるとは思いもしませんでした。それもご自身がわざわざ届けに来てくださるなんて。

1701232.JPG

平岡さんに装画をお願いすることなり、まずは「外観か店内の様子を」ということになったのですが、担当編集のTさんとデザイナーの横須賀拓さんと平岡さんとの打ち合わせの席上で、「のれんを外して、表から店内の様子を見たらどんな感じだろう」という意見が出たそうで、その後、わたしが様子を写真に撮って送りました。
そして出来上がった版画は、イメージ通り、ではなくて、イメージ以上。写真には写っていなかったり、写したわたしも気がついていなかった、いくつかの大切なものが描かれていて、ほんとうに驚きました。
いまは店の中の、どこに飾るのがいちばんいいかと思案中です。

1701236.JPG
ミルさんもいます。

それから、この本が発売になった直後くらいに書いた、龍膽寺雄『シャボテン幻想』(ちくま学芸文庫)の解説の中に登場する「本書をきっかけに育てはじめたサボテン」がこの絵の中にあるということにも、しばらくしてから気がついて、本人としては「あっ!」とびっくりした、ということもありました。

:::

店に出して間もなく売り切れの勢いなので、いまさらのお知らせで申し訳ないのですが、このたび新装版として再刊された、山尾悠子『角砂糖の日』が入りました。もとは1982年に深夜叢書社から出された、幻と言われていた歌集です。

1701233.JPG
『角砂糖の日』山尾悠子(LIBRAIRIE6)3200円+税
(※こちらの本は店頭販売のみとさせていただきます)完売となりました。ありがとうございました。(1/27 更新)

1701234.JPG
一頁に一首という贅沢なつくりで、三章あるそれぞれのトビラには、合田佐和子、まりのるうにい、山下陽子の挿画が入っています。

1701235.jpg

じつは、山尾悠子さんはお近くにお住いなので、「蟲文庫特別バージョンで」とサインを入れてくださいました。
以前からお名前と作品は存じてあげていましたが、店をはじめて、県外の方などから「岡山といえば山尾悠子さんですね」と教えられ、地元の方だと知って驚き、そうしてそれから20年ほどがたち、このような機会に恵まれました。


山尾悠子さんの小説は、国書刊行会から出ている単行本や作品集で読むことができますが、現在ちくま文庫に入っているものもあります。

1701237.JPG
初期の作品集『夢の遠近法』、長い休筆のあと発表された『ラピスラズリ』
こちらの2冊は、近いうちに蟲文庫にも並べたいと思っています。

そういえば、『角砂糖の日』にサインを入れるために店までお越しくださった山尾さんから、「ちくま文庫仲間ですね」と言われて、おもわず眩暈でよろけそうになりました。

:::

まもなく23周年を迎える蟲文庫。どちらの出来事も「つづけていたら、こんなことも起こるんだよ」と、はじめたばかりの頃のわたしに教えてあげたいです。
posted by 蟲文庫 at 12:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

亀の福飾り

あたたかいお正月になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。

RIMG0848.JPG
いただきものの、亀の福飾り。

亀好き、田んぼ好きとしては、このうえないお飾りです。


Cx17o7ZVQAAAZmr.jpg
ミルさんも、なんとかぼちぼちやっております。
まもなく21歳。


:::::

(おしらせ)

年末年始は無休でしたので、10日(火)〜13(金)まで、お正月休みをとらせていただきます。14日(土)の午後より営業再開いたしますので、またどうぞよろしくお願いします。
posted by 蟲文庫 at 20:28 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

暮れの金星

まもなく大晦日の営業を終了いたします。

今年も一年ありがとうございました。慌ただしく、変則的なことの多い年でしたが、それでも年末はいつも通りのペースで店を開けることができ、そして帰省のたびに覗いてくださる方々のお顔を見ることもできて、ずいぶんほっとしました。

2017年も、ひきつづきどうぞよろしくお願いいたします。


IMG_0627.JPG
お正月飾りと金星。

ここしばらく金星がきれいですね。最近、店の暖簾をさげながら、よく見上げています。


::::

【おしらせ】

年末年始は休まず営業いたしております。お近くまでお越しの際はぜひお立寄りくださいませ。
尚、大晦日〜三が日にかけては、18:00までの営業となります。どうぞよろしくお願いします。
posted by 蟲文庫 at 16:16 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

苔・亀・星・サボテン

寒くなりました。いつの間にかコートを出さねばならなくなったり、あわてて灯油を買いに行ったりしていますが、なんともう12月も中旬なのですね。そろそろ来年です。古くからの友人が郵便局員なので、年賀葉書はもう用意しましたが、まだなんにも手をつけておらず、いまだぼんやりとプリントゴッコの面影を追っております。たのしかったのになあ、プリントゴッコ。

もう何年も前からぼちぼちと進めていた星についての本が、なんとかこの冬のうちには出来上がりそうで、先週くらいから、その詰めのためのいろいろが始まりました。苔、亀とつづく、第三弾。これまでのものよりは、いくぶんエッセイの要素が強い本になりそうです。

そんなこともあり、大変な年末年始になりそうですが、今年のお正月もひたすら帳場に貼り付いて店番しておりますので、お近くまでお越しの際はぜひお立寄りくださいませ。お待ちしております。寒くなると、星がきれいですね。


::::::

このたび復刊された、龍膽寺雄『シャボテン幻想』(ちくま学芸文庫)の巻末の解説を書かせていただきました。依頼をいただいた時は「まさか」と思いましたが、思い切ってお引き受けしました。


CyzQhqJUsAAkkNh.jpg
『シャボテン幻想』龍膽寺雄(ちくま学芸文庫)1000+税

その解説文が、ちくま書房の「webちくま」で公開されました。
http://www.webchikuma.jp/articles/-/402

CyzQkKEUkAA0yQr.jpg
口絵のカラー写真(4頁)もそのまま復刻されています。全国の書店ではもちろん、蟲文庫でも販売していますので、ぜひ手に取ってみてくださいませ。
posted by 蟲文庫 at 13:48 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

弥高山と文庫版の話

先日、ある場所の撮影のため、一日店を休んで出掛けてきました。谷あいなので、明るいうちにと思ったのですが、やはり昼間はコントラストが強すぎるので夕方まで待つことに。

それで、時間もずいぶんあるし、ということで弥高山の上まであがってみました。頂上まであと200mくらいの場所まで車で行けるのでらくちんです。

IMG_0073.JPG
頂上付近からの眺め。
360℃見渡せるので、四国山脈も大山もみえます。
雲海がみえるのでも有名なので、いつか早朝に来てみたい。

IMG_0085.JPG
見事な秋晴れでした。

IMG_0111.JPG
石垣の地衣類。


夕方、ふたたび現場に戻り、無事撮影終了。この写真は年明けくらいに完成しそうな次の単行本に使う予定です。

RIMG0579.JPG
稲刈りシーズン。整列。

::::::

9月に発売された、ちくま文庫版『わたしの小さな古本屋』、おかげさまで順調のようです。

最初に文庫化のお話しをいただいたのが4月の上旬。出先の京都でぎっくり腰のため動けなくなり、数日してようやくノートパソコンのスイッチを入れ、なんとかかんとか最小限の連絡やなんかが出来る状態になった、まさにそんな時に届いたメールでした。倉敷に帰って店を開けるどころではなく、向こう10日間ほどはこのまま安静……(えーうそー)、という状態だったので、嬉しいのはもちろんですが、ずいぶん救われた気持ちにもなりました。というようなことがありました。

早川義夫さんの解説文には、「まだ蟲文庫に伺ったことはない」と書かれてありますが、じつはこの原稿を頂戴したあと、偶然にも倉敷でチェロ奏者の坂本弘道さんとのライブがあり、その時に店にもお立寄りくださいました。だいぶ緊張してしまいましたが、でも「本屋」の話をしていると、ふと同業の人と話している気持ちになる瞬間もあったりして、その都度「おっとっと」と内心あわてたりしていました。思えば何という僥倖、です。ほんとうに。

その時のことを、早川さんもブログに書いてくださっています。
http://h440.net/diary149.html

IMG_0317.JPG
この日、座右の一冊『ぼくは本屋のおやじさん』に書いていただいたサイン。




ライブは、もうほんとうに素晴らしくて、「うわーーすごくいいーー」という言葉が馬鹿の一つ覚えみたいにずっと頭の中をぐるぐるまわりつづけていました。坂本弘道さんのチェロの演奏もすばらしかったです。

ちなみに、坂本さんは福山のご出身で、20年くらい前、まだ開店まもない頃の蟲文庫に来られたことがあるのだそうで、穴があったら入りたくなりました。


先々週の日曜日の書評欄で、朝日新聞、読売新聞同時にご紹介いただいたのですが、さらに先週は地元の山陽新聞でも大きく取りあげていただきました。取材にみえた記者の方(30歳代くらいの男性)は早川義夫さんの大ファンだそうです。

『わたしの小さな古本屋』、ひきつづきどうぞよろしくお願いします。
posted by 蟲文庫 at 17:13 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

ちくま文庫版『わたしの小さな古本屋』

2012年に洋泉社から出た『わたしの小さな古本屋』が、このたび増補版としてちくま文庫で再刊されることになりました。そして昨日、見本が届きました。見本というのは、発売日の10日〜2週間ほど前に100〜200冊ほど刷ってみて、仕上がりを確認したり、関係者に配ったりするためのものです(よね?)


1609041.jpg
『わたしの小さな古本屋』田中美穂(ちくま文庫)780円+税

カバーの版画は平岡瞳さん、デザインは横須賀拓さんによるものです。
いいでしょ。

1609042.JPG
帯を取るとこんな感じ。
よく見ると、猫のミルさんもいるのです。

単行本の時ページ数の関係で入れられなかったもの4篇と、比較的最近書いたもの4篇を加えています。そしてなんと巻末の解説を早川義夫さんが書いてくださいました。はじめ、編集のTさんから「解説を早川さんにお願いしてみようと思う」と聞いた時はお腹が痛くなり、原稿が届いた時には感激のあまり涙目になりました。これ以上ない、もったいないような解説文です。生きていると、こんなこともあるんだなー。ほんとうに幸せな本だと思います。

1609043.JPG


発売は9月10日で、蟲文庫には9日の夕方くらいに入荷の予定です。
まずは取り急ぎのお知らせまで。
どうぞよろしくお願いします。
posted by 蟲文庫 at 18:30 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

夏休みの写真

今年のお盆休みの期間中は、珍しく店を休みました。「お葬式よりも大変」と言われる遠州地方お初盆の行事を手伝うためでしたが、行きと帰りに京都に寄り、下鴨神社の古本市を駆け足で、豪雨の中の五山の送り火はわりとしっかり見ることができ(どちらも人生初)、帰って写真を眺めていたら、いかにも「夏休み」といった風情のものでした。

下鴨神社の古本市。
1608201.JPG

夏休みの鴨川。
1608203.JPG

遠州のお盆の牛と馬。
1608202.JPG
目は小豆、耳は南天の葉、尻尾はねこじゃらしとトウモロコシのヒゲ、そしてささげのような長い豆で鞍をつくります。
こちら備中方面では、たいてい脚だけ(よね?)なのでびっくりしました。

東山の大文字。
1608204.jpg

1608205.jpg

土砂降りを通り越して豪雨といった状況。特に火がつきにくく見えにくかったらしい東山の大文字も、場所がよかったのかこれくらいには見えました。松明というのはたいしたものだと感心しました。

吉田山からの夕焼け。
1608207.jpg


こんなことでもなければ絶対に帳場に貼り付いている時期なので、たいへん貴重な体験でした。よかったな。

:::::

そして倉敷に戻り、店を再開したとたんにうれしい知らせが。

1608206.jpg
『ときめくコケ図鑑』文・田中美穂/写真・伊沢正名(山と渓谷社)のさらなる増刷が決定しました!おかげさまで5刷になります。ありがとうございます。
posted by 蟲文庫 at 18:23 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

あれから10年(ほど)

こちら中国四国地方は10日ほど前に梅雨明けし、カンカン照りの毎日です。家の庭の土の中には、向こう数年分のクマゼミの幼虫が待機しているようで、今年も安定のやかましさ。朝、「うるさいー」と耳をふさぎながら起き上がるようになると、ついに夏が来たなと思います。

2〜3年前からじわじわのろのろと進めてきた「苔」「亀」に続く第3弾の本。ようやくたたき台になるくらいの状態にはなってきて、いよいよこれからといったところです。肝心のテーマについても、もう少ししたらお知らせできると思います。

そんなところに先日、思いがけない知らせが届きました。

なんと「松岡正剛の千夜千冊」で『苔とあるく』を取り上げていただいたのです。

「松岡正剛の千夜千冊」第1614話 http://1000ya.isis.ne.jp/1614.html

160830.jpg

編集部から届いたお知らせのメールを、思わず「え?」「え?」「えーー?ほんとに?」と身を乗り出して三度くらい確認してしまいました。

苔や羊歯についてずいぶんと造詣が深くていらっしゃることにまず驚いたのですが、京都のお生まれということを思い出し、どこか納得するところがありました。最近、家の都合で京都へ行くことが多いのですが、なんでもない路地を歩いていてさえ、さすが苔の生育に適した土地だと感心していたところだったのです。
『亀のひみつ』や『わたしの小さな古本屋』についても触れられており、さらに隅っこにこっそり書いたようなところまで読んでくださっているのにも驚きました。

この本は編集の飛田さんと「10年後にも新刊書店に並んでいるような苔の一般書」を目指して作ったのですが、そうだ、実現したんだなあと実感できて、ほんとうに嬉しかったです。(実際には10年まで、あと1年ほどありますけれども)

Cn9sIVbUMAAbXvV.jpg

「千夜千冊」ではこのカバー裏までご紹介いただいているのですが、発売当時、NHKの番組「週刊ブックレビュー」で岡崎武志さんに取り上げていただき、たまたまその回にご出演だった佐藤忠男さんが、ものすごい笑顔でこの猫あし部分を指摘してくださったのが大変印象深く、いまでも、新聞や雑誌で佐藤忠男さんのお名前をお見かけするたび、母と「ミルちゃんのあし、ほめてもらったねえ」と「うふふ」という雰囲気になります。


そのミルさんは、この5月で20歳になりました。耳も遠く、ほとんど寝てばかりですが、でもその年齢なりには元気にしています。

RIMG0015.JPG
こちらはまだ一緒に出勤していた頃の写真。

:::::::

(夏季休業のおしらせ)

8月12日(金)〜17日(水)遠方での法事のため休業いたします。
posted by 蟲文庫 at 17:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする